みんな知らないSMバー「密蜜」の詳細をご紹介

SMバーってどんなところなの!?

気になるけど一人では行けないし

一緒に行ってくれる友達もいないし

のぞいてみたい~~!!と思っている方いませんか?

そんな貴女の為に行ってきました!

というのは建前で、たまたま一緒に行ってくれる友達がいて

どんな所か気になっていから

勇気を出して行ってきてみました。

どんな人が運営しているの?

男性縄師ふぅさんとはどんなひとだったか?

SMショーを見た感想

どんな内装なの?

入り口はどんな感じ?

料金は高いんじゃないの?

どんなお客さんがくるの?

SMバーって何をしてるの?

怖い世界じゃないの?

こんな疑問に対して一つ一つお答えしていこうと思います。

 

 

管理人がSMバーに行こうと思ったきっかけ

なんで管理人がSMバーに興味を持ったかというと

ナナとカオルという漫画がきっかけでした。

甘詰留太さん著書の漫画で

現在は18巻で完結しています。

昔からベルセルクを読む為にヤングアニマルを買っていたのがきっかけで

甘詰留太さんのファンになりました。

執筆された作品はほとんど読んでいるほど好きだったので

なんの疑問も持たず読んだ所

これは普通の漫画ではないと驚愕しました。

SMってもっと残酷で怖くて、痛くて

自分とは無縁の世界だと思っていたのだけれど

SMを絡めながら絶妙なバランスで青春ラブストーリーを書いてくれたもんだから

どんな世界なのかずっと気になっていたのです。

 

SMバーってどんなスタッフがいるの?

基本は女性縄師さんのスタッフで運営されていて

日曜の夜だけ「ふぅ」さんという男性縄師さんが運営しています。

行ったからといって必ずSMの話ばかりかというと、そうでもなく

人生相談を聞いてくれたり、

来るきっかけを聞かれたり

ゆったりと和やかな時間がすごせました。

意外すぎます。

 

入り口はどんな感じ?

雑居ビルの6階に店舗があります。

隣に綺麗めで賑わっているビルがあるので、間違えやすいですが

ちょっと・・・いやかなりさびれた方のビルです。

正直入るの怖かったです。

友達が一緒にいるとはいえ扉開けるときなんてめちゃくちゃ緊張します。

ちなみに、トイレは雑居ビルの中にあるのを使うのですが

和式です。

紫のタイル張りで

昭和を感じさせます。

和式が嫌な方は事前に用を済ませましょう。

 

どんな内装なの?

和風SMバー密蜜と名称に入っているだけあって

内装は和一色です。

畳に障子、丸い昔ながらのちゃぶ台

カウンターは低めの作りで何も置いてなかったらベンチにしてもちょうど良さそうな高さ

広さは8~10畳ぐらいで広さはないですが

その分ショーを見るときの距離が近く臨場感たっぷりです。

 

料金は高いんじゃないの?

いいえ!全然良心的です!

女性2000円

男性は・・・・忘れました。

飲み物は別料金でワンドリンク必須となっています。

ソフトドリンクは300円とかなり良心的。

筑前煮をお通しで出してもらったり

お菓子が出てきますが、チャージに含まれています。

 

どんなお客さんがくるの?

私が行った時は年配の男性がいました。

平日は女の子が運営している事もあって

若い女性客もいるそうです。




誰にもバレずにこっそりセックスレスに詳しくなれる
セックスレスの悩みをどうしたら解決できるかが分かる無料冊子を作りました。
詳細は下記画像をクリック
詳しくはこちら



ブログランキング参加中
レスラボは今何位?
↓クリックすると確認できます↓
にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です