夫婦でお風呂入ってますか? バスルームは2人にとっての幸せ空間

いよいよ暑さも本格化してきましたね~

 

少し動けば汗ばむし、夜になってもムシムシするし。

そろそろエアコンを入れて寝る? なんていう会話をしたご夫婦もいると思います。

 

この時期くらいから、もう湯船につかるのはやめてシャワーだけに切り替えるお宅も

多いのではないでしょうか。

 

でも、もし検討を始めていたら… ちょっと待って!

 

シャワーだけでパパッと済ませず、夫婦2人で一緒にお風呂に入り、湯船にゆっくり浸かる習慣をつくれば、夫婦の距離はグッと近くなりますよ。

 

今回は、“夫婦で一緒にお風呂”のコツをお送りします♪

 

 

一緒にお風呂だなんてムリ! と思い込んでいませんか?

2人で入浴すれば仲良くなれそうなのは分かるけど、

今までずっとバラバラに入ってきたし、ウチには無理だと思う…

 

旦那さんとの入浴の習慣が無い人からは、そんな声が聞こえてきそうです。

気持ちはよく分かります。

私も一時期そう思ってました。

でも、よっぽどの事情が無い限り、100%無理っていうことは稀だと思うんです。

はじめからダメだと決めつけず、一緒に入れない理由を挙げていきましょう。改めて考えてみると、それほど困難な状況ではないかも!

 

最初はちょっと勇気がいることかもしれませんが、

夫婦で一緒にお風呂に入るメリットは絶大。

頑張って、勇気を出して旦那さんを誘ってみましょう!

 

 

“一緒に入浴”がセックスレスの突破口になる

やはり、一番多い理由はハダカを見られるのが“恥ずかしい”だと思います。

 

お付き合いし始めてから現在まで、

一度もお互いのカラダを見合っていないということは無いと思いますが、

恥ずかしいと感じる人は、改めて明るい照明の下で…ということに抵抗があるようです。

 

セックスレスのご夫婦であれば、なおさらですよね。

 

でも、一緒にお風呂に入ってハダカで過ごしたり触れ合ったりすることの心地よさを知れば、それがセックスレスの突破口になることも多いです。

 

温かい湯船に浸かると、日頃の緊張がゆるみ2人でリラックスできます。

お互いの肌が触れ合うことに抵抗が無くなります。

テレビやスマホから離れて夫婦の会話に集中でき、相手が何を求めているのか、自分がどう感じているのかを打ち明けやすくなります。

いいことだらけなんです。

 

なにも毎日とは言いません。

最初は、週に一回、月に一回でもいいので、一歩を踏み出してみませんか?

 

 

体型の崩れが気になる人は

若いころならまだマシだったけど、

肉付きがよくなってきたり、あちこちがたるんできたり。

アラサーになって体型が崩れてきていることが気になるかもしれません。

でも人は誰もが歳をとりますよね。旦那さんだって同じです。

当たり前のことを、恥だと感じる必要はありません。

 

逆に、いつまで経ってもスタイルが崩れないカラダなんてコワイですよ(笑)

 

“見られることのプロ”である芸能人の体型と

自分のカラダを比較する必要はないですからね。

 

もし旦那さんから、お腹が出てきたんじゃない? なんて指摘されたら、

「あなただって、そうじゃな~い」とか

「あなたはまだ平気ね、凄い!!」とか、

いたずらっぽく体をつついちゃいましょう♪

 

これから先もずっと、共に生きていく2人です。

お互いの老いを認めて、受け入れるいいきっかけにもなりますよ。

 

 

カラダを洗っているところを見られたくない

 

脇の下や性器周り、足など、

ニオイが気になる部分をゴシゴシ洗っているころ見られたくないという声もよく聞きます。

 

その場合は、あなたが先にお風呂に入って体を洗い終わってから、

「入ってきていいよ♡」といって旦那さんを呼びよせましょう。

 

見られたくない動作をあえて隠すことで“秘めごと感”が出て、色気が増す効果もあるんですよ。

私も初めは恥ずかしかったので先に入って体を洗った後に呼んでいました。

 

旦那さんが嫌がって一緒に入れない

あなたが、一緒にお風呂に入ろうと提案したとき、

旦那さんが嫌がる場合もあるでしょう。

 

そんなときは、メリットをたくさん挙げて説得するのではなく、

なんで嫌だと思うのか、しっかりと聴いてあげてください。

きっと、恥ずかしいとか、忙しいとか、そんな理由がほとんどだと思います。

 

無理強いをせず、旦那さんの意見を聴いて一緒に解決策を話し合う姿勢は好感度大!そこから仲良くなれるかも!

「これからは、あなたの体にも気を配っていきたいから」と伝えれば、自分の体調に配慮してくれることへの感謝も生まれるでしょう。

 

 

まとめ

 

それまで習慣化していなかったことを生活に取り入れていくには

多少の勇気と努力は必要です。

 

ポイントは、「私が一緒にお風呂に入りたいの!」ではなく、

“夫婦2人のこれからのために”というニュアンスを受けとってもらうことですよ。

 

 




誰にもバレずにこっそりセックスレスに詳しくなれる
セックスレスの悩みをどうしたら解決できるかが分かる無料冊子を作りました。
詳細は下記画像をクリック
詳しくはこちら



ブログランキング参加中
レスラボは今何位?
↓クリックすると確認できます↓
にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です