主婦のお化粧は手抜きになりがち!旦那さんを虜にする技4選

主婦の皆さん! 今、キレイにお化粧した状態でこの記事を読んでますかー?

これからメイクします♪でも、もう寝る前だからオフしちゃいました~でもいいのですが、ここ最近はめっきりメイクをしなくなりました(汗)なんて人はいませんか?

仕事に家事に育児… 毎日忙しくて化粧どころではないんです! という状態かもしれませんし、もともとお化粧はしないタイプの人もいると思います。

レスラボ管理にぽかぽも、もともとバッチリメイクをするタイプではないですし、超忙しいときはお化粧サボっちゃいます(笑)

でも、主婦になってもお化粧で自分を飾ることは忘れたくはないという思いもあって、プロに習ったりもしてるんですよ♪

 

今回は、主婦のお化粧についてお伝えしていきます!

 

男性は女性よりも「見た目」を重視する

 

そんなに自分に手をかけてられないという主婦でも、ときどきでいいのでキレイにお化粧する日をつくってみてください。

恋愛や結婚に対する男と女の意識の違いをまとめた調査によると、男性は女性以上に相手の“見た目”を重視する傾向があるそうです。

頭の中では奥さんの忙しさを理解していて、化粧できなくても仕方ないとほとんどの旦那さんが思っているでしょう。

そうは思っていても、見た目に構わなくなった奥さんに対して、女性としての魅力を感じにくくなる危険性があるんです!!

 

ぽかぽも、あまり気にしなさすぎてチクチク言われた事があります。

「最近あんまりオシャレしなくなったね・・・」

と。ぽつりと呟くんです。か細い声で・・・。

 

アラを隠すよりも肌の質感を良くする

 

アラサーになると、シワやシミを化粧で隠したくなる人もいるでしょう。

でも、隠すことばかりに必死になると、厚塗りのいかにもおばさんっぽい化粧になってしまいます。

隠すのには限界もありますので、くすみやガサガサゴワゴワを軽減させる“角質ケア”を取り入れてみて。

多少シミやシワが目立っても、思わず触りたくなるような“やわ肌”は、厚塗り肌よりずっと、大人の色気を感じさせます

 

旦那さんはどんな化粧の女性が好き?

 

旦那さんは、タレントや女優さんなど、どんな女性有名人が好きか知っていますか?
めちゃくちゃファン! というわけではなくても、テレビなどで見かけるたびに食い入るように特定の人を見ていることがあると思うんです。

好きな有名人が分かったら、その人の化粧をチェックしてみてください。

なにも、それを全てマネしてみましょうと言いたいわけではないんです。

有名人は、プロに化粧をしてもらっていることがほとんどなので、マネをするのは至難の業ですし、顔かたちが全然違うのに化粧だけ同じにしても、違和感が出てしまうことも多いです。

 

好きなタイプに寄せる&ワンポイントだけ取り入れる

 

注目してほしい部分は、旦那さんがいいなぁと感じる人が、ナチュラル系なのか、しっかりメイクの大人系なのか、一点強調型なのか、どんな化粧のタイプなのかです。

奥さんに遠慮しているのか、見た目は重視していないアピールなのか… “見た目の好み”については、直接聞いてもあまりはっきりと答えてくれない男性も多いので、好みのタイプが分かったら、そこに少し雰囲気を寄せていく感じでOKです。

あとは、切れ長な目とか、ぽってり唇とか、ワンポイントだけ自分の化粧に取り入れてみるのもいいでしょう。

 

まとめ

 

自分の奥さんにはいつまでもキレイでいてほしいと思うのが男性の本音でしょう。

でもそれは、若作りをしてほしいということでも、整形をして美人になってほしいということでもありません。

自分の為に努力している奥さんが見たいだけなのです。

 

化粧は、女性らしさをアップさせるために取り入れたい、最も身近な技。

まずは旦那さんの好みをリサーチして、お化粧を真似てみると色々とうまくいっちゃうかも♡

 




誰にもバレずにこっそりセックスレスに詳しくなれる
セックスレスの悩みをどうしたら解決できるかが分かる無料冊子を作りました。
詳細は下記画像をクリック
詳しくはこちら



ブログランキング参加中
レスラボは今何位?
↓クリックすると確認できます↓
にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です