年間120日しか上陸出来ない軍艦島上陸クルーズの詳細とは!!調査レポ

軍艦島って実は年間で120日ほどしか上陸出来ないってご存知でしたか?

こんにちは!レスラボ所長のぽかぽです。

私は全然知らなくて、行くと決まってからその話を知ったのでびっくりしました。

どうしても行きたかったので長崎に2泊しましたが、運良く上陸出来たのでラッキー!!

軍艦島の調査レポをお届けしていきたいと思います!

 

軍艦島ってどんなところ?

軍艦島は通称で、本来の名前は端島(はしま)です。

端島は長崎県長崎市にある島である。明治時代から昭和時代にかけては海底炭鉱によって栄え、東京以上の人口密度を有していたが、1974年(昭和49年)の閉山にともなって島民が島を離れてからは、無人島である。

ウィキペディア:端島(長崎県)参照

無人島になるまでの過程で、島から離れていく人を1人、また1人と見送り、

最後の一人が島を出る時は自分で船と島をつないでいるロープを外して無人島になった。とガイドさんが言っていました。

 

なぜ軍艦島が120日しか上陸できないのか?

軍艦島の元々の面積は1/3と言われていて、島と言えるほどの大きさではありませんでした。

そのため、船が発着する場所も強固に作る事が出来ず、ドルフィン桟橋といって、通常とは全く異なる船乗り場になったのです。

その為、波が50センチ以上あると軍艦島への上陸許可が下りず、周遊だけになるのです。

法律で定められているそうで、上陸直前に波が高くなっても上陸許可が下りないので、ガイドさんも直前まで上陸出来ますとは言いません。すごいもどかしかったです。

私の場合は台風上陸が明日に迫った状態だったので、行きの道をヒヤヒヤしながら過ごしていました。

所要時間や予約は必要?

所要時間は3~4時間になります。

観光シーズンは予約で埋まりやすいので、ご注意ください!

私は7月3日の閑散期に予約したにもかかわらず、観光客が200人くらいいました。

いくらぐらいかかるの?

軍艦島クルーズができる会社は5社ほどあって、ほとんどの会社が4000円前後です。私はJTBのオプションで行ったので一人3700円でした。

5社それぞれに特徴があって、見てほしいポイントは下記です。

  • 金額
  • ガイドの質
  • 船の形状、座席はどんなか

船の形状はあまり重要視せず、ガイドさん質で軍艦島クルーズ株式会社を選んだのですが、

暑いし、日焼けするしで大変だったので、船も意外と重要なんだと知りました。

あまりに暑くて、体力を削り取られた為、帰り道は爆睡していました(笑)

軍艦島クルーズ株式会社はどうだったか?

船を除けば最高でした。ガイドさんの話もうまいし、スタッフの皆さんは個性的な方ばかりなのにめちゃくちゃフレンドリーでした。嫌な顔せず写真を撮ってくれたのでうれしかったです。

全員例外なく真っ黒な肌色で、色黒な私はすごく嬉しかったです(笑)

船の形状は1階席と2階席で、1階席の前半分はクーラーの効いたとっても豪華な部屋、後ろ半分はパイプにクッションを一枚引いた様な椅子で窓がないので海風がごうごう入ってきて爽快感があります。

2階席はほんっっっっっっっっっっっと~~に暑い!!!なんだったら座った椅子が暑くて「あちっ」っていうくらい暑いです。

当然屋根はないので超爽快感がありますが、潮風でべったべたになります。

終わった後あまりにベタベタしてたので、ホテルにチェックインしてすぐシャワーを浴びました。

春や秋ならちょうどよくて気持ち良いんじゃないかと思います。

座席がどうやって決まるかというと、早く受付した順です。

クーラーのある席に行きたかったら早めに行って並んでいる必要があります。私は10分前に受付したのでほぼ最後尾でした。

ガイドさんは話がうまくて、接客もよかったし金額も安かったので、軍艦島クルーズ株式会社はすごくおすすめです。

「ガイドがいい」という評判通りだなと感じました。

軍艦島クルーズに酔い止めは必要?

酔いやすい方は必要です。

私は自分で運転してても酔うぐらい弱いのですが、30分前に酔い止めを飲んで行ったら大丈夫でした。

台風が上陸する前日だったので、軍艦島付近はかなり波が高かったです。

事前に準備していくこと

夏は日焼け止め、汗拭きタオル、ペットボトル2本、帽子は必須です。

日焼け止めを塗りましたが、写真の通り真っ黒に焼けてしまいました。

私が焼けやすい体質なのもありますが(笑)

腕時計焼けしてしまってカッコ悪いので、クルーズ中は腕時計は外すことをオススメします!

日傘はさせないので、帽子を持参すると顔が焼けずに済むかも!

まとめ

一生に一回は行って欲しい超オススメスポットです!

もう、すごいの一言!!廃墟の怖さと、崩壊していく美しさが同居した不思議な空間です。なんか、空気が違うんですよね。

あれは写真では伝わらない、行かないと体験できない、最高の時間でした!

連れて行ってくださった軍艦島クルーズ株式会社の方々に感謝しかありません!ありがとうございます♡

軍艦島へはなかなか行けない!どんなところか知りたい方向け記事はこちら




誰にもバレずにこっそりセックスレスに詳しくなれる
セックスレスの悩みをどうしたら解決できるかが分かる無料冊子を作りました。
詳細は下記画像をクリック
詳しくはこちら



ブログランキング参加中
レスラボは今何位?
↓クリックすると確認できます↓
にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です