女医が教える本当に気持ちのいいセックスに学ぶテクニックとは?

女医が教える本当に気持ちのいいセックスの本知ってるって方結構多いのではないでしょうか?

女性の目線に立ったセックスのハウツー本はまだ数が少なく、その中でもかなり売れたであろう、こちらの本の中から「おっぱいの気持ちいい触り方」についてイラスト付きで解説していきます。

女医が教える本当に気持ちのいいセックスってどんな本?

二人で気持ちよくなるって、こんなに簡単で素敵なことだった!

AV作品や漫画のテクを鵜呑みにして、誤解だらけのセックスをしている男性が増えています。
そんなコト、女性は求めていないのに……それをするなら、こうしてほしいのに……だけど女性は、男性のプライドが傷つくのを慮り、なかなか言葉にできません。
カップルで読むのにもぴったりな、今までにないHOW TO SEX本です。口絵イラストは人気漫画家・春輝の描き下ろしです。

https://www.amazon.co.jp/女医が教える-本当に気持ちのいいセックス-宋-美玄/dp/489308738X 参照

あまりに官能的な表紙のため、販売当時は賛否両論を巻き起こしたこちらの本。
内容は本当に女性による女性のためのセックスハウツー本です。

イラストレーターの春輝さんは成人向けのいわゆるエロ漫画を描いていた方で、女の人を扇情的に、セクシーに描くのが得意な方です。

この人の絵は本当に凄い!と尊敬しています。

テクニックって思いやり

テクニックと言うと、練習しないといけないとか、うわべだけの言葉の様に感じる人もいるかもしれません。

なので、テクニックって相手への思いやりだと思って欲しいんです。

相手に思いを届けるためにテクニックが必要で、テクニックが磨かれる事でさらに深く思いやりを伝える事が出来ると思うんです。

思いやりがあって、優しい旦那さんでも、セックスはど下手くそで二度とやりたくないって思う人もいると思うんです。

それは、旦那さんのセックスに関しての思いやりが足りないからなんです。思いやりを体現するためにはテクニックを学ぶ必要があると考えています。

この記事の活用法

今回この記事を作成するにあたって、こんな風に使って欲しいと思っています。

  • 自分の性感帯について勉強する
  • どう触ったら気持ちいいのかを知り、自分で実践する
  • 旦那さんに実践して欲しい場合この記事を読んでもらう

おっぱいの触り方~その1~

最初から乳首を吸ったり、AVの様に揉みまくるのはやめましょう。

それをしてしまうと、一気に女性のテンションダウンしてしまいかねません。

まずは側面にそっと触れ、上から下に流れる様に触ってみてください。

指の腹が少し触れるぐらいをキープ出来るいいでしょう。

それをゆっくりゆっくり数回行ってください。

おっぱいの触り方~その2~

乳房を下から包み込む様に持ち上げます。

この時、人差し指と中指の間に乳首が来る様に手を添えてください。

乳房の重みを感じながら優しく揉んでみましょう。

時折乳首をかすめる様に触ると、女性の期待感が上がります。

おっぱいの触り方~その3~

おっぱいの外側から円を描いて内側に近づいて行って下さい。

乳首に触れるか触れないかのところでストップし、また外側からスタートしましょう。

乳輪(乳首の周りの茶色の部分)をなぞる事で乳首はさらに勃起しやすくなります。

乳首雑学

乳首の感度は左右で同じとは限りません。利き腕と同じ様に、利き乳首も存在します。どちらが気持ちいいのかを女性が把握する事で、よりよいセックスライフを送る事ができます。

乳首は勃起している時が一番感度が上がります。勃起していないうちから触られても中々感じる事はありません。むしろムードぶち壊しでげんなりする女性の方が多いのではないでしょうか?

そうやって愛撫してしまう背景には知識不足が考えられます。

AVの真似をしている男性もいるでしょう。そこから脱却して幸せなセックスライフを多くの女性に送って欲しいと。そう思うのです。

まとめ

こんな風にしてくれたら、私、気持ち良くなれるかも!と思っていただけたら幸いです。

こんな風に触って欲しいのに、と思った方は是非旦那さんに読ませてあげてください。「こんな風にしてくれたらもっと感じると思う」と今までの事を否定しない様に伝えると案外やってくれたりするかも!

よりよいセックスライフの一助となれたら、とても嬉しく思います。

 

 




誰にもバレずにこっそりセックスレスに詳しくなれる
セックスレスの悩みをどうしたら解決できるかが分かる無料冊子を作りました。
詳細は下記画像をクリック
詳しくはこちら



ブログランキング参加中
レスラボは今何位?
↓クリックすると確認できます↓
にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です