重度のオタクで腐女子でセックスレスでも結婚出来た話

こんにちは!レスラボ所長のぽかぽです。

旦那と付き合う前は年齢=彼氏いない歴でした!!!

その上、重度の腐女子なんです。(腐女子とは、男性同士の恋愛を扱ったボーイズラブ(BL)を好み、それらを妄想できる女性)

学生時代はコミックマーケットという世界最大のイベントに全日!全部の日!!参加して数十万使っていました。今考えると恐ろしい・・・。

それぐらいハマってたんですが、そんな私でも結婚できた話をしていきたいと思います。

この記事はオタクだから結婚できないと諦めていたり、オタクと結婚するとどうなる?と思ってる人向けに管理人ぽかぽの話をしていきたいと思います。

 

腐女子で一番苦労した事

今までの性に関する妄想といえば、ほぼ全て男性キャラの夜の生活なので、自分が性の対処になるとものすごい抵抗があります。

しかも、自分が喘いでるなんて、想像するだけでめちゃくちゃ気持ち悪い訳です。嫌悪感ハンパなく、セックスなんてしたいとも思いませんでした。

それが一番乗り越えるのに苦労しました。

 

セックス嫌いをどうやって克服したか?

慣れと、自分に許可してあげる事で克服しました。

許可というのはどういう事かというと

  • 自分は異性としてみられていい
  • 自分はセックスで幸せになるべき人間
  • 自分がセックスで気持ちよくなるのは当たり前

そう思う様にするんです。

自分に自分で許可を出すんです。始めのうちは違和感があるんですが、段々その考えが普通になっていきます。だから、気持ち悪いと思った時に、その気持ちを打ち消そうとしたり、見ないふりをするのではなく、受け止めた上で自分に許可してあげるといいと思います。

後は慣れで、どうしたらもっと楽しく、気持ち良く出来るかを考えて、試行錯誤していました。

オタクでも結婚できた理由

オタクでも結婚できた理由は二つ、オタクでもいいと受容してくれる人に好きになってもらえるかどうか、もう一つは

そういう人と出会い、好きになれるかどうか、好きになった自分を許せるかどうかが鍵です。

オタクでもいいと言って貰うためには、自分の魅力に気づき、それを表現する事が大事だと思います。

私の旦那はオタクに差別意識はなく、オタクだからどうこうというのはない人です。「ぽかぽだから好きなんだと言ってくれています。」

 

オタクと結婚するとどうなるか?

旦那も私も漫画をたくさん読みます。なのでツタヤで20~30冊借りてきて一気読みするんですが、その中にボーイズラブ本があったりします。

そうすると、「旦那がこの本何?」と聞いてきて、「BL」と答えるのが毎回のお決まりです。なぜか毎回聞いてきます。

どうやら私が「BL」と恥ずかしそうにい言うのが堪らないらしいです。なんてゲスい旦那なんだ。。。

旦那の横でボーイズラブの本を読んでいようとも、男同士のセックスを描いていようとも、何も言ってきません。たまにちょっかいかけてきますが、「ほっといて」と一蹴します。これが、うちでは普通の光景なんです。

楽だし楽しいんです!

 

まとめ

オタクでも夫婦円満な家庭は築けますし、自由で楽しいですよ!

時には旦那にBLを読ませようとして遊んだり、旦那がBLについて真面目に聞いてきたり、私を恥ずかしがらせて遊ばれたり、そんな日常です。




誰にもバレずにこっそりセックスレスに詳しくなれる
セックスレスの悩みをどうしたら解決できるかが分かる無料冊子を作りました。
詳細は下記画像をクリック
詳しくはこちら



ブログランキング参加中
レスラボは今何位?
↓クリックすると確認できます↓
にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です